• facebook
  • twitter
  • instagram
  • LINE

長月 nagatsuki

日々のこと


2015.09.30
made in west Fair終了。街について想うこと。

P9132599

 

【made in west Fair】

本日9月30日で終了しました。

約3週間の展示で遠方からいらっしゃる方や、楽しみにしててくれた方も多く、とても良かったです。

日本の、関西の、上質でかつ手に取りやすいすてきな製品たち。

たくさんの方の手に渡りました◎

 

いったん商品はメーカーさんにお返しします。

その中の一部を、今後も店頭で引き続き販売予定です。

 

商品紹介の記事を掲載しておきますね。

デイバッグ

YETIザック

アクリルキーホルダー

ポシェット/ストール

タオル/石鹸

YETIぬいぐるみ

ソックス

 

02_img01

 

IMG_2354

 

ザックや靴下などは今後もお取り扱いあります。

在庫の無いものや、店頭に商品がないものでも取り寄せ対応が可能です。

お気軽に店頭で聞いてくださいね。

 

 

今回、たまたまご縁があって関西の企業と関西のデザイナーさんで作る製品たちをあつめたフェアでしたが・・・・

本当は岐阜のよいものとか集めてみたいなーなんて思ったりもしています。

 

実は以前わたし、岐阜のものづくりの団体に(一瞬)所属していたり、活動をしている方たちと交流があったりしたのですが、岐阜のものづくりもやっぱりすごいです。

素敵なものがいっぱいあります。

ただそれを、今回の「made in west」のようにブランディングされているわけではないし、それぞれの製品は素晴らしくても全体でまとめるのはなかなか難しい。。。

でもいつかやりたいなー。

せっかく岐阜だってものづくりが盛んな土地なのだから、いつか、いつかね。

そんなことをちょっと考えたりしています。

 

 

お店をやりだしてから、いつの間にか「自分の住んでいる街のこと」を考えるようになりました。

会社員の頃はあんまり考えたことなかったのですが、お店やってると岐阜のいろんなお店やメーカーさんと付き合いがどんどん広がり、市のイベントにも関わったり、町内の行事に参加するようになったり・・・

大人になると自然と「街」と関わることが増えて、無意識のうちに自分も「街」の一部だというふうに思うようになってきました。

 

made in westのフェアをやることでも、より深く「街」のことを考えるきっかけになりまして。

それは関西の行ったこともない街や工場や人々のことを想うことでもあったり、逆に自分たちの岐阜という街のことを思い返す時間であったり。

何が言いたいかというと、、、、

いろんな製品、いろんなメーカー、いろんなお店や人があって街が成り立っているのですが、こうやって少しでも「街」によるものづくりの紹介ができたのはなかなか素晴らしいことだと我ながら思うし、そして住んでいるこの街でも責任持って何か関わっていけることがあるといいなあ・・・と深く思ったということです。

 

今回、このフェアをやってる最中に各務原市のイベント「マーケット日和」の実行委員会をやらないかと話があり、すぐにやりますとお返事しました。

なんか、関西のこと考えるのもいいけど(!)、私岐阜だし、、、

岐阜とか自分が住んでいる各務原のこととか、身近なとこからいろいろ知っていきたいなーと思ってた良いタイミングでもありました。

made in westのようなものづくりではないですが、地域の良さを発見し広めたり深めたりして盛り上げていくのは、その土地に住むものとして無視できない大切なことのような気がして。

 

そういうことを実感として与えてくれたこのフェア、自分としてはやってとてもよかったです。

(そして各務原のマーケット日和については、また後日詳しく書きますね。)

 

さてさて、また次の企画もいろいろ進行中です。

10月もお楽しみに・・・・*

 

カテゴリー:イベント,日々のこと,商品紹介

コメントはお気軽にどうぞ

* が付いている欄は必須項目です。メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

CAPTCHA