• facebook
  • twitter
  • instagram
  • LINE

長月 nagatsuki

日々のこと


2017.09.08
【VR ZONE SHINJUKU】でVR体験してきました!

展示会や打ち合わせで、珍しく2泊3日で東京へ。

今回はスタッフみわちゃんも一緒に、楽しみながらお仕事してきました。

 

今回、一番の目的はこちら。

 

 

(仕事じゃないんかい)

 

みなさん、知ってますか?

VR(バーチャルリアリティ)体験ができるエンターテインメント施設「VR ZONE SHINJUKU」

ずっと行きたくて、泊まりで東京行ける日を狙っていました。

 

感想は、

「めちゃくちゃ楽しすぎて、最高すぎて、今すぐもう一回行きたい!」

です。

みわちゃんと、いまだに語り合って楽しんでいます。

 

興味のある方もない方も、今日はこのレポートをぜひご覧ください!

 

 

 

VR ZONEは怪しげな大人の街、歌舞伎町にあります。

 

 

あらかじめWEBで予約してQRコードのチケットを受付に見せます。

こんな感じで近未来的な空間に放り出されるので、とまどいながらも施設内の案内を見ながらやりたいアクティビティを探します。

 

まずは公式の動画をご覧あれ。

 

 

 

 

 

まず頭にHMD(ヘッドマウントディスプレイ)をかぶり、ヘッドフォンをします。

(アクティビティによっては腕に何かを装備したりも)

そして座ってレバーを握ったり、ペダルをこいだり、わりと全身を使いながら・・・

HMD越しで見るバーチャルな世界に入り込んで、まるで現実の中にいるようなリアリティを感じながら戦ったり、走ったり、飛んだりするゲームです。

 

なんか、説明がしずらいので「体験して!」としか言えないのですが、がけから落ちるとすっごく怖いし、飛んでる時は最高に気持ちいいし、とにかく、ぎゃーぎゃー喉もかれるくらい叫んでしまうほど、リアル。

はたから見てると多分かなり頭おかしい感じです。

 

 


 

 

 

 

初めに体験したのは「ハネチャリ」

羽根がついたチャリです。めちゃくちゃペダルを漕ぎます。(運動にもなりそう)

 

はじめてですごくドキドキしてる上に、私たちのすぐ前のグループの女の子の1人が、スタートしても立ちすくんで全然動けなくなってしまっていて・・・リタイア。

そう、本当に怖くなったり気持ち悪くなったり(VR酔い)するとリタイアするしかないんです。

それくらいリアル。

みわちゃんと「えーーーーー・・・そんなに怖いの・・・・」と、さらに心臓の動機が激しくなりながらHMDを装着。

かなり緊張しました・・・!

 

 

 

そしてスタートがいきなり崖の上!

この状態で風もびゅーびゅー吹いてくるんですよ!

みわちゃんは、まだスタートしてないのに「もう動いてない?もう動いてる?ねえ?私だけ???」ってパニックになってました。笑

いや〜はじめはほんと、ドッキドキでした。

高所恐怖症の人、どうなるんだろ。

 

そして必至に漕がないと落ちるし、強風も吹くし、上手く全身を使いながら・・・洞窟入ったり、倒壊する建物をよけながら、滑空してゴールを目指します。

上手くコントロールできるとすっごくきもちいい!

 

はじめてのVRでかなりドキドキしましたが、後から思うと私はこのアクティビティが一番楽しかったな。

 

 


 

 

 

1つやっただけなのに、二人とも手も足もぶるぶる震えて、心臓もばくばくしてて、とりあえず落ち着いて食事でもしよう・・・ということで施設内でごはん。

テーブルもプロジェクションマッピングみたいになっていて、触ると動く仕掛けが楽しい。

なんかもう、笑いもとまらなくて、全身震えてて(多分変な筋肉使ったり、力みすぎたりしてるんだと思う)、不思議な体験でした。

 

 


 

 

 

 

そして一番気になってたエヴァンゲリオンVR「THE 魂の座」

みわちゃんが零号機、私は初号機。

使徒ゼルエルを協力して倒すのですが、玉切れしたらネルフを探して銃を手に入れないといけないし、狙ったり移動したりも結構難しくて結局活動限界に。

でもプラグスーツ姿の自分を見れたり、ミサトさんたちクルーに次から次へと指令が出たり、地上に噴出されるところとか、なかなかの臨場感ですよ。

 

 

 

「目標をセンターに入れてスイッチ」なんて言ってる暇はまるでないですが、やられると画面が青くなり「動け動け動け動いてよ〜〜」と叫んでレバーをがちゃがちゃやらないと動かないとか、すごい世界観に入り込んでて面白かった。

コントロールが難しかったので、次があるならもうちょっと上手くできる気がする・・・

あと、零号機、初号期、弐号機の3人で行った方が絶対楽しいです!

 

 


 

 

 

 

そして人気のマリオカートアーケードグランプリVR

4人で競い合う、リアルなカートゲーム。

カナコルイージ、ほんと下手すぎて・・・

右手でアイテムを取って、左手で運転する、というのが全然できず、めちゃくちゃ壁にぶちあたりながら進みました。笑

左右違う動きができない。。。

 

結果はみわちゃんのマリオが優勝!

カラフルで賑やかな画面が、ものすごいスピード感で展開していって次々と景色が変わります。

満足感はあり。でももっとやりたかったなあ・・・

 

 


 

 

 

 

そして急滑降体感機スキーロデオ

景色がすごく美しい!

 

二人ともたいしてスキーというものをやったこともないので、そもそも足の操作性がよくわかっていないという状況で、崖から落ちまくったり、道に迷ったりしながらゴールできず。笑

でも、雪山の美しさとか、エッジをきかせる時に雪がふわ〜っと舞うのとか、息も白くて風も冷たくて、雪山にいるような感じでした。

ものすごいスピード感でスリリング。

ここで何気なく筋肉痛になってきていることに気づく私たち。

普段使わない筋肉を使っているんですね。。

 

 


 

 

基本は1つのチケットで4つのアクティビティを選べるので、それ以外は有料のものがいろいろあるのですが・・・・

最後に無料で体験できるシューティングゲームをやって終了。

これだけは、1人ずつの体験だったので、冷静にお互いを見れるというおもしろ体験ができました。

(唯一自分たちの画像があります)

 

 

 

まずはみわちゃん。

なかなかさまになっててかっこいい。

マシンガンや手榴弾などいろんな武器を使いわけて向かってくる敵を倒すのですが、ただ撃つだけじゃなく銃にマガジンを装着したり、土嚢に隠れたりしながらいろんな動きをするのでなかなかテクニックが必要。

 

 

 

みわちゃんはジョジョみたいな動きをしながらも、果敢にアタックして華麗にクリアしていました。

すごい!

かっこいい!

 

 

 

一方私。

一見いい感じですが・・・

実はロケットランチャーに逆から玉を入れようとしたり、、、

 

 

怖すぎてへっぴり腰で土嚢に隠れて、相手が見えてないのに銃を撃ったり、まあ、ひどいもんでしたよ。

戦い慣れてない。(当たり前ですが)

 

なんかもう、これを練習としてもう一回やらせて!って感じでした。

多分こういうシューティングゲームはプレイステーションVRとかやってる人は得意なんだろうな〜。

私もみわちゃんも普段全然ゲームをやらないので感覚をつかむのに時間がかかりましたが、それでもそうとう楽しかったので、慣れてる人はもっと楽しい木がします。

 

 

そんなこんなで、結局4時間くらい滞在してしまいました!

楽しすぎて!

アクティビティ自体はもっといろいろあるので、元気があれば多分、一日遊べます。

私たちは5つのアクティビティをやり終えたら全身筋肉痛で、心地よい疲労感に包まれてホテルへ。

4400円のチケット分、充分過ぎるくらい楽しみました。

 

 

東京いいですね〜。

最新の遊びが楽しめる。

 

ほんとは、その日泊まった「book&bed」や「ファーストキャビン」の話もしたいのですが、それはまた後日・・・*

 

 


 

 

TRICOTEの新作やソックス、たっぷり入ってきました!

 

 

 

 

また紹介は後日。

ソックス、すっごくいっぱいあるのですが、1つずつのものも多いのでお早めに〜。

 

ナインテイラーの帽子もすてきですよ〜。

今ならいろいろあります◎

 

 

 

カテゴリー:日々のこと

コメントはお気軽にどうぞ

* が付いている欄は必須項目です。メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

CAPTCHA