• facebook
  • twitter
  • instagram
  • LINE

長月 nagatsuki

日々のこと


2021.09.14
【愛用品紹介】読書してて気になるとこは、ふせんを貼りまくる。
コージ
コージ

どーもです!
コージです!

こんにちは〜
カナコです!

カナコ
カナコ

〈読書中はとにかくダイソーのふせんを貼る、貼る、貼る。〉

読書のお供はコーヒーとお菓子、そしてふせんなコージです。

一冊読み終えるとふせんまみれに。

読者の際は、少しでも気になる点があれば迷いなくふせんを貼ってます。

ぼくの読者は、1回目は軽くサラ〜って読んで、その後にふせんの箇所を読み直して終了って流れです。

ふせんの箇所はカナコ氏の感想と伝え合う際の、マーカーな感じですね。

先日の二泊三日のキャンプ中、青空読書のシーンです。↓ ↓ ↓

この時も手にはしっかりとふせんを持ってます。↓ ↓ ↓

愛用のふせんはダイソーの「7カラーフィルムふせん350枚(極細タイプ)」110円

読書の時、バンバンふせんを貼るのでダイソーに行った際、買いだめしてます。

110円で350枚のふせんなので、遠慮なくバンバン貼れます。

が、粘着面がけっこうネチャってしてるので、長期間ふせんを貼りっぱなしだと、いざふせんをはがす時に問題が起こる可能性がありそうです。

まあ百均アイテムなので、そのあたりは自己責任ですね。。。

以前は一流品のスリーエムのポストイットを使ってましたが、無職には厳しいお値段でして。。。

「ポストイット透明スリム見出し9色180枚」340円くらい

created by Rinker
スリーエム(3M)
¥342 (2021/12/01 07:36:40時点 Amazon調べ-詳細)

〈まとめ〉

ということで、今日は読書のお供、ダイソーのふせんのご紹介でした。

ふせんをたくさん使う方には、ダイソーのふせんはコスパが最強だと思います。

ただ大切な本、重要な資料に使うのであれば、スリーエムのポストイットが良いですね。

最近読んでおすすめしたい本は野本響子さんの「日本人はやめる練習がたりてない」です。

created by Rinker
集英社
¥858 (2021/12/01 07:36:41時点 Amazon調べ-詳細)

コージ
コージ

それではまた〜

カテゴリー:日々のこと,愛用品紹介